バナー バナー
同棲
最終更新日:2022/12/19

結婚祝いプレゼントの選び方や意味、相場を解説!特別なギフトを贈ろう

結婚祝いプレゼントの選び方や意味、相場を解説!特別なギフトを贈ろう

大切な友達やお世話になっている会社の人、大事な家族が結婚するとなれば、喜んでもらえる結婚祝いを贈りたいものです。

せっかくのお祝いなので、ただ「結婚祝いのプレゼントを贈る」というのではなく、その人にとって意味のあるギフトを贈るのが理想的です。

そこで今回は、結婚祝いプレゼントの選び方や意味、相場などを解説していくので、ぜひ心からの「おめでとう」が伝えられるギフトを見つけてください。

ぺやさがしアプリのダウンロード

結婚祝いを選ぶ際にチェックすべきこと

結婚祝いを選ぶ際にチェックすべきこと

結婚祝いは一般的に、結婚するふたりに贈るプレゼントですが、挙式や披露宴に参列する場合はご祝儀が結婚祝いとして扱われます。

そのため、ご祝儀を渡す場合はプレゼントはいらないとされていますが、「どうしてもプレゼントを贈りたい」というのであればもちろん贈っても構いません。

まずは結婚祝いを選ぶ際にどんなことをチェックすべきかを見ていきましょう。

相手の好みに合っていること

仲の良い友達や知人、親戚で好みがわかるようであれば、それに合ったギフトを選ぶのがベストです。

仮に好みがわからなくても、お菓子を作るのが好きならば製菓用品、インテリア好きであれば相手のテイストに合わせたおしゃれな小物など、相手の趣味に合ったものであれば大いに喜ばれます。

どうしてもわからない場合には、どういったアイテムが欲しいのかを事前に聞いてみてもいいかもしれません。サプライズ感はなくなってしまいますが、相手の好みに合っているものをプレゼントできるので、失敗するリスクは少なくなります。

かぶりにくいこと

顔の広い友達の場合、たくさんの人からギフトをもらうので、プレゼントがかぶってしまう可能性があります。

家電は何個もあると邪魔になりますし、かといって結婚祝いのプレゼントは簡単に捨てたり売ったりできないため、相手を困らせてしまうかもしれません。

せっかくのプレゼントなので、相手を困らせたりしないようできるだけリサーチに時間をかけ、真似される可能性が少ないギフトを贈りましょう。

好みがわからない場合は、消耗品かお金でもOK

好みがわからず、リサーチもできないという場合は消耗品やお金でもOKです。

「消耗品ではお祝い感がないのでは」と思うかもしれませんが、消耗品であれば他の人とかぶっても迷惑にはなりません。

たとえば、自分では買わないような高級缶詰やオーガニックの調味料、好きなブランドの新商品などは特別感があり、結婚祝いに適しています。

一方、お金を結婚祝いにする方も少なくありません。心がこもっていないイメージがありますが、結婚して新生活を始める際は出費が増えるため喜ばれます。またお金であれば、本当に必要なものを自分で選んで買うことができるので、「どんなものをプレゼントすれば喜んでくれるのかわからない」という場合は現金やギフト券などを贈ることを検討してみましょう。

縁起が悪い贈り物に注意

結婚祝いを選ぶ際に注意したいのが、縁起が悪い贈り物です。

ウエディングで縁起が悪い品物とされているのは、「縁が切れる」ことを連想させる刃物や、「生活が破綻(壊れる)する」ことを連想させるグラスなどが挙げられます。

最近は、包丁やペアグラス、夫婦茶碗を「結婚祝いギフト」として売り出しているショップもありますが、マナーとしては贈らないのがベストです。

ただし、リサーチをした際に「包丁が欲しい」「萩焼の夫婦茶碗が欲しい」など相手が希望した場合は贈っても問題ありません。

他にも、ハンカチは「手巾(てぎれ)」なので別れ、櫛は「苦」「死」、香典返しで使われる日本茶なども結婚祝いには不向きなので選ばないようにしましょう。

花嫁に幸せをもたらす「サムシングフォー」から選んでみよう

花嫁に幸せをもたらす「サムシングフォー」から選んでみよう

他の人とかぶらず、相手に喜んでもらえる結婚祝いを贈りたい方は、「花嫁に幸せをもたらす」という意味を持つサムシングフォーから選んでみるのもおすすめです。

欧米では広く知られている「サムシングフォー」は、日本でもプレゼントに取り入れる人が増えてきているアイテムなのでチェックしておきましょう。

サムシングフォーとは?

サムシングフォーとは英国の伝統的な結婚式の演出のひとつで、結婚式の日に取り入れると新婚生活に幸運がもたらされると言われているおまじないのアイテムです。

「Something old(何か古いもの)」
「Something new(何か新しいもの)」
「Something borrwed(何か借りたもの)」
「Something blue(何か青いもの)」

の4つのアイテムを身につけてもらい、結婚するふたりの幸せを願います。

またこれらのアイテムには、それぞれ以下のような意味が込められています。

・Something old(何か古いもの)
 祖先から受け継いだもので「幸せな結婚生活が長く続きますように」という意味

・Something new(何か新しいもの)
 花嫁の純潔を表すアイテムで「楽しい結婚生活が送れますように」という意味

・Something borrwed(何か借りたもの)
 すでに幸せな結婚生活を送っている友達や家族からアイテムを借りることで「幸せを分けてもらう」という意味

・Something blue(何か青いもの)
 聖母マリアを表す青のアイテムを身につけることで「夫への忠誠を誓う」という意味

ギフトなら取り入れやすいサムシングブルーがおすすめ

サムシングフォーのアイテムは、「ふたりの幸せな結婚生活を願う」という意味になるので、どのアイテムを贈っても構いません。

ただしSomething oldやSomething new、Something borrowedは、それぞれにアイテムとしての条件があるため贈るのは難しいかもしれません。

一方、「青い物」であればサムシングフォーのアイテムとしてプレゼントできるサムシングブルーに該当するため、ここからはおすすめの青いギフトを紹介していきます。

青い結婚祝いギフト紹介1

可愛らしいアイテムが好きな花嫁さんのサムシングブルーアイテムとしておすすめなのが、ティアラや一粒ダイヤリングなどウエディング感があるデザインと、ペールブルーのやさしい色味が素敵な「サムシングブルー ハンカチ」です。

フェイラー サムシングブルー ハンカチ 公式

ハンカチは縁起が悪いアイテムとされていますが、このハンカチは値段も手頃で、やさしく柔らかな手触りのシュニール織なため結婚祝いに適しています。ハンカチなら結婚式当日でも身につけやすく、かさばらないので受け取る側にも喜ばれます。

青い結婚祝いギフト紹介2

ピュアなベビーブルーが花嫁さんの雰囲気にぴったりの「RMK リップジェリーグロス」は、気軽にプレゼントできるサムシングブルーアイテムです。

RMK リップジェリーグロス 公式

カラーは淡いブルーですが、実際につけるとみずみずしく透け感のある発色なのでメイクの邪魔をしません。濃密なジェルがぷるんとした立体的な唇を作るリップジェリーグロスは、花嫁さんの魅力をよりいっそう引き立ててくれます。

次ページでは、結婚祝いとご祝儀の違いや、その相場をご紹介します。

1 2