バナー バナー
おすすめの街
最終更新日:2022/08/04

【横浜駅の住みやすさ】治安や周辺環境、二人暮らし物件の間取り別家賃などもご紹介

【横浜駅の住みやすさレポート】

横浜は大手不動産住宅サイトが毎年発表する「住みたい街ランキング」でトップに輝いたこともある人気の高い街だ。この記事では、横浜駅の住みやすさについて、二人暮らしカップル目線でのおすすめポイントを紹介していく。

ぜひ横浜駅で同棲を検討している人はチェックしてみて!

▼周辺駅の情報もチェック!
「神奈川駅」の記事はこちら

ぺやさがしアプリのダウンロード

LINEオープンチャットで気軽に同棲お悩み相談

初めて同棲する方必見!知っておきたい、同棲にかかる費用

その前に!同棲にかかる平均費用をご紹介!
東京の平均家賃は、13万円程度で、それ以外の地域については、
5万円~7万円程度。やはり、人口の多い都内は、家賃の平均が高め。
地域によって家賃相場に差があるので、下にあるこの街の家賃相場を確認してみて!

住む場所によって家賃は変わるけれど、一般的に言われているのは「手取り合計の2割強」。
同棲する2人の合計手取りが35万円であれば、7万円程度の部屋を借りるのがベター。
月いくら貯金するのかなど収支をある程度予測を立ててから家賃を決めると、物件選びがスムーズになる。

首都圏など利便性の高い地域は家賃が高めなので、広々とした部屋がある物件を選ぶとお金の負担が大きいかも。
エキチカ物件を避けたり、築年数のやや古い物件を候補に入れたり、物件の条件を緩めることも検討してみて。

生活費(食費・水道光熱費以外)は3万円台~5万円台、食費は3万円台~5万円台、水道光熱費は3万円未満といった結果が多い。

これらの数字はあくまで目安。外食中心で食費が高かったり、将来のために費用を切り詰めたりと、カップルの生活スタイルによって、かかる費用はさまざま。

以上を参考に、この街のおすすめスポットなどを見ると、また違った雰囲気でお部屋探しできると思う。

【横浜駅の住みやすさレポート】立地と利便性

まずは、横浜駅の住みやすさについて、立地と利便性から見ていこう。

横浜駅周辺の立地は?【横浜駅の住みやすさレポート】

【横浜駅の住みやすさレポート】

横浜駅は神奈川県横浜市神奈川区立地している。西側、東側ともに大きなショッピング施設や飲食店が集まり、利便性もとても高い。また、11路線が乗り入れており、アクセスが良好なのも魅力の1つだ。さらにショッピングモール内に映画館もあり、お出かけスポットとしても楽しめる。

横浜駅周辺の利便性は?【横浜駅の住みやすさレポート】

横浜駅のアクセスに関して詳しく見ていこう。

横浜駅への交通情報【横浜駅の住みやすさレポート】

横浜駅には以下11路線が乗り入れている。

  • JR京浜東北線
  • JR根岸線
  • JR東海道線
  • JR横須賀線
  • JR湘南新宿ライン
  • JR横浜線
  • 京急本線
  • 東急東横線
  • みなとみらい線
  • 相鉄本線
  • 横浜市営地下鉄ブルーライン

 

1日あたりの利用客も多くJRで約46万人、京急本線で約32万人となっている。そして東急東横線で約36万人、みなとみらい線で約21万人、相鉄本線で約42万人、横浜市営地下鉄で約7万人と合計で約184万人と桁違いの人数だ。この数字は日本でもトップ5に入る多さである。

横浜駅から主要駅までの所要時間と乗り換え回数は以下の表の通り。

駅名 所要時間 乗り換え回数
東京 約25分 0回
品川 約17分 0回
渋谷 約28分 0回
新宿 約34分 0回
池袋 約41分 0回

出典:ジョルダン
都内の主要駅にも乗り換えなしで行けるのが最大の魅力だ。

また、カップルで勤務地が異なるケースを紹介する。例えば、彼氏の勤務先が東京駅、彼女の勤務先が渋谷駅の場合は以下のようになる。

勤務先 所要時間と乗り換え
彼氏 東京 約25分、乗り換えなし
彼女 渋谷 約28分、乗り換えなし

勤務地が都内だとしても乗り換えなしでスムーズに通勤ができる。

横浜駅周辺の住環境【横浜駅の住みやすさレポート】

横浜駅の住環境を見ていこう。大きなスーパーや量販店が多くあり、深夜まで営業しているお店もある。コンビニの数も多く買い物で困ることはほとんどないといえる。また、飲食店も多くチェーンより個人経営のお店が多くジャンルも多い。さらに二人で楽しめるスポットも多く、二人で住むにはぴったりの場所だ。

次ページでは、駅周辺の家賃と治安をみてみよう!

1 2 3