バナー バナー
同棲
最終更新日:2022/12/19

同棲するときにお互いの両親への挨拶は必要?挨拶に行く際のポイントもご紹介

同棲するときにお互いの両親への挨拶は必要?挨拶に行く際のポイントもご紹介

パートナーとのはじめての同棲を考えているカップルの皆さんは、同棲する前に両方の両親へご挨拶しに行きますか?

「挨拶に行くことはまったく考えていなかった!」というカップルもいるかもしれませんが、一般的に他のカップルはどうしているのか気になっているのではないでしょうか。

今回は、同棲前にお互いの両親へ挨拶が必要なのか迷っているカップルへ、挨拶をした方が良いケースとしなくても良いケースをご紹介します。また、同棲前に挨拶に行く際に気を付けたいポイントや持ち物、服装なども解説しますので、参考にしてください。

▼関連記事
家族に同棲を反対された場合の体験談に関する記事はこちら

ぺやさがしアプリのダウンロード

同棲前にお互いの両親への挨拶は必要?

「同棲」とは、入籍をせずにカップルが一緒に暮らすことです。「結婚するわけではないから、わざわざ両方の実家へ挨拶しに行く必要はないのでは?」と考えるカップルも多いようですが、実際のところは挨拶に行っておいた方がよいのか行かなくてもよいのか、どちらが適切なのでしょうか? 

【結論】絶対ではないがした方が良い

結論から言えば、同棲前に相手の両親へのご挨拶はしっかりしておくのがベストです。

同棲前に挨拶しておくことで両方の両親を安心させられますし、引越し費用を援助してもらえる可能性もあります。また、同棲の際に承認を得ておくと結婚の際にはスムーズに話を進めることができるでしょう。

「同棲前の両親への挨拶は絶対必要!」ということではありませんが、可能であればしておいた方がさまざまな局面でメリットが多いといえます。

ただし以下のようなケースでは、同棲前に両家へ改めて挨拶に行かなくても大丈夫な場合もありますのでご紹介します。

しなくても良い場合の例

お互いの実家の距離がとても近いため、お付き合いしている時点でもともと面識があり、両方の親の公認となっているケースです。また、同棲前に挨拶へ行くことを親へ伝えたものの、親本人が断ってきたという場合にも、挨拶は必要ないと言えます。

どちらの場合でも、お互いの両親の意見を聞いて、最終的に挨拶に行くか行かないかを決めるのがベストです。まずは同棲しようと考えている旨を伝えてみましょう。そこで両親の反応により挨拶をどうするかを決めるのが、トラブルなく同棲生活に突入できるポイントにもなります。

同棲の際に挨拶した方がいい理由

同棲の際に挨拶した方がいい理由

上記でご紹介したようなケースを除き、カップルが同棲生活をはじめる際には、お互いの両親に挨拶はしておいた方が良いでしょう。その理由は上述した通り、主に3つが挙げられます。以下で改めて詳しく解説していきます。

理由1:両親を安心させられる

同棲前にお互いの両親に挨拶することで、息子または娘の同棲相手がどんな人なのかがわかるため、両親を安心させることができます。

一般的には、結婚前の同棲を快く思わない親御さんが多いのではないでしょうか?入籍をせずに一緒に暮らすということは、お互いに対する責任を持たないということ。同棲生活中に何かトラブルが発生しないかと、いくつになっても親は子どもの心配をするものです。

その点、同棲前に両家に挨拶をしておけば、実際に顔を見て話すことによって、子どものパートナーの人となりがある程度はわかりますので、親は安心できます。

たとえば同棲中にどちらかが体調を崩して入院や手術となった場合でも、親公認であればすぐに連絡を取ったり相談したりすることができますので、自分たちにとっても心強いでしょう。

理由2:引越しを援助してくれる可能性がある

同棲生活を始める際にふたりで広めの新居を探すカップルもいれば、どちらかがもともと住んでいる部屋にもう片方が引越して一緒に住み始めるというパターンもあるでしょう。ひとつの部屋にふたりが住むということで、一人暮らしに比べると家賃は節約できますが、引越し費用は最低でも一人分はどうしてもかかることに。

ふたりで作業をするとはいえ、引越しはお金も時間もかかります。そこで同棲前に両家に挨拶をしておいた場合、引越し費用を親が援助してくれる可能性がありますので、引越しをスムーズに進めやすいです。結婚の経験者である親は、引越しの大変さを理解してくれることも多いですので、金銭的にも体力的にも良い協力者となってくれるでしょう。

理由3:結婚する際がスムーズにいきやすい

同棲前に事前にお互いの両親へ挨拶をしておくと、いざ結婚するとなった際にもすでに面識があるため、結婚の準備をスムーズに進めやすくなります。同棲前に挨拶していない場合には、結婚の挨拶と同時に、相手の両親との信頼関係を一から築き上げていかなければなりません。

「入籍をせずに同棲をする」という前提での両親への挨拶は緊張するものです。しかし、これから先の未来もパートナーと過ごしていきたいと考えるならば、結婚の時ではなく同棲前にしっかりとお互いの両親へ挨拶しておくことをおすすめします。同棲中にパートナーの両親との信頼関係を積み上げていくことができますし、仕事や家族関係などについても知ってもらえます。そのため、事前に相手の両親と仲良くなっていれば、結婚もすんなりと認めてくれる可能性が高いでしょう。

次ページでは、両親に同棲の挨拶へ行くときのポイントをご紹介!

1 2