バナー バナー
インタビュー
最終更新日:2022/01/11

【同棲インタビュー】カップルフォトが人気のいとうさんに聞く、同棲生活と写真のコツ

リビングなどをスッキリ見せられる「収納の多さ」が物件選びのポイントに

結婚前から両親に許可を得て同棲をしていたおふたり。結婚を機に、いまの2LDKのアパートに引越してきました。

「物件選びで意識していたのは、彼が車通勤しやすいエリアにあることと、築年数が浅いこと。あとは、収納の多さです。私は服や食器を集めるのが好きなので、すごくモノが多くて。収納が多いと家具を買い足さなくて良いし、部屋をすっきり見せられるから、そこは重視しましたね。」(ちあきさん)

ちあきさんが独身時代から少しずつ集めてきたこだわりの器。陶器市などに出かけるのも好きだそう

今の間取りは2LDKで、1部屋は寝室、もう1部屋はファッション好きなちあきさんの洋服を収納する物置部屋にしているそうです。

やさしい色合いで統一されたお部屋で、特にお気に入りの場所とモノ

寝心地抜群のマットレスがある『寝室』

自然光がよく入る寝室は、ときどきポートレート撮影にも使っているのだそう

自宅のなかで、ちあきさんが特にお気に入りだというのが『寝室』です。

「私、休日はずっと寝てたいなって思うくらい寝ることが好きなんです(笑)。寝室にあるもので気に入っているのは、今年買い替えたばかりのコアラマットレス。柔らかめなのに良い感じに体を支えてくれて、すごく寝心地が良いです。大好きなミッフィーのクッションは、ネットの争奪戦で運良く勝ち取れました。」(ちあきさん)

居心地のよい『リビング』で過ごすカフェタイム

統一感のあるリビング
やさしい雰囲気で、統一感のあるリビング。インテリア選びは、ちあきさんが率先決めているそう

しんさんと過ごすことが多いリビングも、ちあきさんにとって大切な場所。こちらも寝室と同じく、ナチュラルな色合いや素材でまとめた統一感のある空間となっています。

部屋に飾ってあるドライフラワーは、お花屋さんで買った生花を自分でドライフラワーにしたものだそう。カフェなどで見かけるドライフラワーのインテリアも参考にしながら、お部屋に飾っているそうです。

「今年の夏に、ダイニングテーブルとチェアを買い替えました。IKEAに行って、ふたりで実際に座ったりして決めたお気に入りです。前に使っていたテーブルよりひと回り大きくなったので、使いやすくなりました。」(ちあきさん)

ふたりで作るカフェメニューは、お店で出てくるような本格派!

ダイニングテーブルを買い替えた結果、休日に夫婦で過ごす『おうちカフェ』の時間もさらに充実するようになったといいます。

「コロナ禍で外出が難しくなってからは、休日のお昼におうちカフェを楽しんでいました。例えば、少し前に話題になった牛乳の上に泡立てたコーヒーを乗せた“ダルゴナコーヒー”を淹れたり、フルーツサンドを作ったり……。流行りのメニューにも挑戦しています。」(ちあきさん)

次ページでは、ふたりが同棲生活で大切にしていることについてご紹介!

1 2 3 4
 
― 人気記事 ―

該当する記事がありません