バナー バナー
同棲
最終更新日:2022/12/19

シングルマザーが彼氏と同棲するメリットと注意点とは?確認すべき点も解説

シングルマザーが彼氏と同棲するメリットと注意点とは?確認すべき点も解説

さまざまな事情から離婚をした、または結婚をせずに女手1つで子どもを育てようと決意をして頑張る女性はたくさんいらっしゃいます。

最初は「男性なんて必要ない!子どもと生きていく!」と頑張っていても、人を好きになる気持ちを抑えることはできません。シングルマザーでも人を好きになって交際に発展し、その人と一緒に暮らそうと考えることもあるでしょう。

しかし、シングルマザーの恋愛や同棲には、子どもや生活のことなど考えるべきことがたくさんあります。

今回は、シングルマザーが彼氏と同棲するメリットや注意点を中心に確認すべき大切なこともあわせて解説します。「シングルマザーだけれど、彼氏との暮らしを考えている……」と言う人だけでなく、同棲したらどうなるのか不安に思っている人も必見です。

ぺやさがしアプリのダウンロード

シングルマザーが彼氏と同棲する前に確認すべきこと

子どもと暮らしているシングルマザーが、男性と付き合い始めて「この人なら一緒に暮らせるかも!」と同棲に踏み出したいと考える瞬間があります。

シングルマザーは、子どもだけとの生活を通じて「生活の中に男性がいると良いかもしれない……」と思う場面が増えてくることもあるでしょう。ひとりで子育てをすることにも慣れてきて、少し自分の幸せについて考えることもあります。

しかし、同棲に踏み切る前に確認して欲しいことがあります。

結婚や再婚の意識について確認する

相手の男性を好きになったからといって、勢いで同棲を始めてしまうのはおすすめできません。まず、同棲をした後のことを冷静に話し合ってみましょう。

ただ一緒に暮らしたいから同棲をするのか、最終的には結婚や再婚をゴールに見据えて、きちんと暮らしていけるのかを試すために同棲をするのか、ふたりの考えをすり合わせていくことが大切です。

「子連れのシンママと同棲するくらいだから、当然結婚を考えてくれている」と思い込んで同棲をしたら、相手の男性に結婚の意志はまったくなかった、ということになると、傷つくのは女性と子どもです。

「子どもがいるから」と引け目を感じて将来のことを確認しておかなければ、余計つらい思いをしてしまうかもしれません。

子どもへ伝える

彼氏との同棲を決めたら、最初に伝えるべきは子どもです。

特に子どもが小学生以上の場合は、今までママだけと一緒に暮らしてきた空間にいきなり他人が入ってくるので、かなりのストレスを感じるでしょう。そのため、今まで良好な関係を築いていた子どもとの関係が悪くなることもあるかもしれません。

できれば、同棲を決める前に好きな人ができたことや、一緒に暮らしたいと考えていることを子どもに説明してあげてください。そして、彼氏と一緒に暮らしても、子どもを一番大切に思っていると伝えることが大切です。

また、彼氏と一緒に暮らすことで、生活がどのように変わるかもしっかり説明します。たとえば、将来的に再婚をするのか、転校や引っ越しをしなければならないのかなどは、子どもの生活にも大きく関わってくることです。

最終的には、彼氏も交えて子どもと話し合いをする必要があります。そのときは、よく子どもの反応を確認しましょう。

口では賛成してくれていても、本心では悩み抵抗を感じているのかもしれません。子どもの様子に違和感や不安を抱いているような雰囲気があった場合は、同棲について、さらに時間をかけて考えた方が良いかもしれません。

彼氏の両親への挨拶は慎重に

シングルマザーが同棲をするときは、双方の両親に挨拶をすることも大切です。特に、彼氏が初婚の場合、彼氏の両親は「子持ちの女性と同棲?将来的に結婚するの?」と動揺してしまうこともあるでしょう。

大好きな彼氏との同棲に舞い上がり、挨拶をなおざりにしてしまうと常識のない人とレッテルを貼られ、これからの付き合いに水を差す結果になりかねません。将来的に結婚も視野に入れているのであれば、なおさら双方の両親には丁寧な対応を心がけてください。

次ページでは、シングルマザーが彼氏と同棲するメリット・デメリットをご紹介します!

1 2