バナー バナー
恋愛
最終更新日:2022/08/08

5歳差のカップルは円満って本当?うまくいく理由とその特徴を解説!

5歳差のカップルは円満って本当?うまくいく理由とその特徴を解説!

歳の差があるカップルの場合、何歳差であるかでうまくいくかどうかも変わるようです。なかでも「5歳差」というのは、円満度が高いといわれています。年齢差がかなりあるようにも感じられますが、なぜ5歳差はちょうど良いのでしょうか。

この記事ではそんな5歳差カップルについて、うまくいきやすいといわれる理由や、それでもありがちな両者にとっての悩み、それをふまえての長続きさせるためのポイントなどをご紹介します。

ぺやさがしアプリのダウンロード

なぜ5歳差カップルは「うまくいきやすい」といわれている?

なぜ5歳差カップルは「うまくいきやすい」といわれている?

5歳差カップルとは、「相手と年齢が5歳離れているカップル」のことです。男性と女性のどちらが年上でも年下でも、5歳の差があれば「5歳差カップル」にカテゴライズされます。

そんな5歳差カップルですが、円満度が高いといわれる理由やメリットについて4つご紹介しましょう。

ジェネレーションギャップがそれほどないから

カップルに限らず、ジェネレーションギャップは友人同士や職場でも感じることがあると思います。年齢差が大きい場合、話題が合わない可能性は高くなります。

流行っていたテレビ番組や音楽など、その時代に何歳だったのかで、見るもの聴くものも変わってくるからです。たとえば、10歳離れていると話題は合いにくくなりますし、さらには上下関係を意識するようなお付き合いになってしまうこともあるでしょう。

その点、歳の差が5歳であれば、なんとか話題も合いますし、話をしていて違和感のないことが多いようです。ただし、ジェネレーションギャップはそれほど大きくないものの、現実的に年齢差はあります。そこで、上下関係にならないように、お互いに気づかいながらお付き合いをしていくことで、5歳差カップルはうまくいきやすいといわれています。

年齢差がある程度あることからけんかが少ないから

年齢差があるカップルは、社会人としての経験年数がお互いに大きく異なります。そこで自分が年上の場合には、相手が精神的に少し幼いように感じることも多いでしょう。ただしその年齢差が5歳程度であれば、「年上の立場の人は自分も通ってきた道だから」と年下側の気持ちもわかるため、理解してあげることができるようです。

特に5歳年上男性の場合、年下女性が慣れない社会人生活で頑張っている姿を見て、些細なことには目をつぶる人も多いようです。5歳差カップルは上下関係にならないよう、お互いに気を付け合いながらも、年上側はそれなりに相手をフォローしてあげる器量があるという、ちょうど良い年齢差だといえます。

価値観が違うことで新しい気付きを得られるから

5歳年上の相手から得られる人生の経験談は、年下側としては大変ためになるアドバイスです。カップルだからこそ相手を信頼して悩みを相談できる関係でもありますし、間違っていたら率直に指摘してもらうこともできるのです。

これは年上彼氏がいる年下女性に限りません。女性が年上の場合にも、信頼できる人生の先輩の意見であれば素直に聞く年下彼氏はたくさんいます。

また、5歳年上側としても、年下の相手の目線で見た意見は新鮮です。自分の世代にはないものの考え方や良いアイディアを得られるので、年上側にも大きなメリットがあるのです。

5歳差カップルは価値観の違いがあることを、うまくメリットに変換させられる年齢差だといえるでしょう。

他人の目から見てもそれほど違和感のない年齢差だから

恋愛では、他人の目から自分たちカップルがどのように見られるのか、という点も気になるものです。年齢が大きく離れていると、カップルとして違和感があるように見えがちです。男性が10歳年上であったり、女性の方が明らかに年上とわかる年齢差だったりすると、恋人同士に見えないケースもあります。

その点5歳差であれば、見た目でもカップルとして見てもらえます。普段の生活でも世間の目を気にすることなく過ごせますし、この先結婚を考えている場合は、両方の実家へ挨拶をする際にも気兼ねなく行くことができるでしょう。

ただしこの「見た目問題」が気になるのは、20代や30代あたりまでです。それ以上に歳を重ねていくと、見た目の年齢差はほとんど気にならなくなっていきます。

次ページでは、5歳差カップルにありがちな悩みと、気を付けたいポイントについてご紹介します。

1 2