バナー バナー
恋愛
最終更新日:2022/08/08

プラシーボ効果は恋愛にも効果あり!?上手に「思い込む」ためのポイント

プラシーボ効果は恋愛にも効果あり!?上手に「思い込む」ためのポイント

思い込むことで効果が出る「プラシーボ効果」というものがあります。この言葉を聞いて「恋愛にも使えないかな」と考えている人はいませんか?

この記事では、プラシーボ効果が恋愛に与える有用性や、その先にはどのようなゴールが待ち受けているのか、といったことについて解説していきます。恋愛でプラシーボ効果を活かすための方法やポイントもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

ぺやさがしアプリのダウンロード

プラシーボ効果とは

プラシーボ効果とは

「プラシーボ」とは「偽薬」という意味があり、「プラシーボ効果」とは、デンプンを固めただけの偽薬を本物の薬と思い込み、服用することで得られる心理効果のことです。本来は特別な効果のない偽薬なのに、「風邪薬だよ」と言われてそう思い込み、実際に風邪の症状が回復する、といったような現象です。

プラシーボ効果はプラセボ効果とも呼ばれ、実際にプラシーボ効果を目的とした偽薬も販売されています。高い効果のあることが判明しているプラシーボ効果は、私たちの普段の生活でよく聞く「ジンクス」や「おまじない」などにも通じるものがあるといえそうです。

プラシーボ効果の有用性

プラシーボ効果の有用性

そんなプラシーボ効果の有用性についてわかる実験結果があります。梅花女子大学心理学科の三雲真理子教授は「パッケージが味覚に及ぼすプラシーボ効果:20代と60代の比較」という実験結果を公表しているのです。

【プラシーボ効果の実験】

実験内容 ・「市販の天然水のラベル」と「水道水のラベルを貼った天然水」など複数のペットボトルを用意
・中身はどれもすべて水道水
・対象は20代と60代
実験結果 ・年代に関係なく、「水道水」のラベルを貼った水でくさみを感じる人、市販の天然水のラベルを貼った水で甘みを感じる人が多かった
・ラベルによる暗示効果が高いとわかった

参考:日本認知心理学会発表論文集

プラシーボ効果は、化学的に説明が難しい治癒現象だといわれています。しかし、このようなシンプルな実験でもその心理的効果の大きさがわかるでしょう。

また、日本ジェネリック製薬協会のホームページによれば、病気の治癒におけるプラセボ効果は「体が本来もっているはずの自然治癒力に、患者さんの期待や暗示による効果などがプラスされて生じる結果」ということになります。つまり、不安や緊張とともに期待感が伴う恋愛でも、プラシーボ効果が有用であるといえるでしょう。

次ページでは、プラシーボ効果を恋愛に当てはめた場合のゴールと、恋愛でプラシーボ効果を活かすための方法・ポイントについてご紹介します。

1 2 3