バナー バナー
おすすめの街
最終更新日:2022/03/03

【和光市駅の住みやすさ】治安や周辺環境、二人暮らし物件の間取り別家賃などもご紹介

【和光市駅の住みやすさレポート】

和光市駅は、埼玉県和光市に位置する駅だ。和光市駅は埼玉の交通の要所として多くの人が利用している。駅から少し離れると住宅街が広がり、小さな自然を感じることもできる。そんな和光市駅の住みやすさについて、二人暮らしカップル目線でのおすすめポイントや街の雰囲気を紹介しよう。

▼周辺駅の情報もチェック!
「地下鉄成増駅」の記事はこちら
「地下鉄赤塚駅」の記事はこちら

▼沿線別のまとめ記事もチェック!
和光市駅を含む東京メトロ有楽町線のまとめ記事はこちら

ぺやさがしアプリのダウンロード

LINEオープンチャットで気軽に同棲お悩み相談

初めて同棲する方必見!知っておきたい、同棲にかかる費用

その前に!同棲にかかる平均費用をご紹介!
東京の平均家賃は、13万円程度で、それ以外の地域については、
5万円~7万円程度。やはり、人口の多い都内は、家賃の平均が高め。
地域によって家賃相場に差があるので、下にあるこの街の家賃相場を確認してみて!

住む場所によって家賃は変わるけれど、一般的に言われているのは「手取り合計の2割強」。
同棲する2人の合計手取りが35万円であれば、7万円程度の部屋を借りるのがベター。
月いくら貯金するのかなど収支をある程度予測を立ててから家賃を決めると、物件選びがスムーズになる。

首都圏など利便性の高い地域は家賃が高めなので、広々とした部屋がある物件を選ぶとお金の負担が大きいかも。
エキチカ物件を避けたり、築年数のやや古い物件を候補に入れたり、物件の条件を緩めることも検討してみて。

生活費(食費・水道光熱費以外)は3万円台~5万円台、食費は3万円台~5万円台、水道光熱費は3万円未満といった結果が多い。

これらの数字はあくまで目安。外食中心で食費が高かったり、将来のために費用を切り詰めたりと、カップルの生活スタイルによって、かかる費用はさまざま。

以上を参考に、この街のおすすめスポットなどを見ると、また違った雰囲気でお部屋探しできると思う。

【和光市駅の住みやすさレポート】立地と利便性

まずは、和光市駅の立地と利便性から解説していく。

和光市駅の立地は?【和光市駅の住みやすさレポート】

【和光市駅の住みやすさレポート】

和光市駅は、埼玉県和光市に位置している。南口側にはスーパーやチェーンの飲食店が立ち並ぶ。日常生活の買い物に困ることはないだろう。

和光市駅の利便性は?【和光市駅の住みやすさレポート】

利便性について、近隣へのアクセスと住環境について紹介する。

和光市駅の交通情報【和光市駅の住みやすさレポート】

和光市駅には、東武東上線・東京メトロ有楽町線・東京メトロ副都心線が乗り入れている。2019年の1日の平均乗車数は、東武東上線で180,819人、東京メトロで192,132人。また、東武東上線では136%、東京メトロで165%という混雑率のデータがある。

主要駅へのアクセスは以下の通りだ。

駅名 所要時間 乗換回数 使用路線
東京 36分 1 東武東上線・東京メトロ丸ノ内線
品川 46分 1 東武東上線・山手線
渋谷 29分 1 東京メトロ有楽町線・東京メトロ副都心線
新宿 24分 1 東武東上線・埼京線
池袋 13分 1 東武東上線

出典:ジョルダン

次に、同棲を前提としたカップルの通勤時間の差を例に挙げてみる。彼氏の勤務先が東京駅、彼女の勤務先が渋谷駅だった場合は、以下のような時間差が出るだろう。

所要時間 乗換回数 時間差
東京 36分 1 プラス7分
渋谷 29分 1 マイナス7分

所要時間に若干の差があるが、通勤時間の差でトラブルになる可能性は低そうだ。

和光市駅周辺の住環境【和光市駅の住みやすさレポート】

和光市駅南口側には日常生活に困ることはないだけのお店・施設が立ち並んでいる。北口側には銀行とコンビニがあるが、駅を出てすぐのところに住宅街が広がっている。

次ページでは、駅周辺の家賃と治安をみてみよう!

1 2 3
 
― 人気記事 ―

該当する記事がありません